目次
Opening Movies FLASH 1 FLASH 2
1. 個人指導予備校 M.A.X. ご挨拶 2017年度 ご案内
2. M.A.X. のコースご案内
高校生・高卒生の方々
社会人・大学生の方々
3. 予備校の決定に際する選択の視点
4. M.A.X.の指導システム
5. 指導科目と授業形態
6. M.A.X.の教育コンセプト
7. 入試の本質をベースに考えた教育システム
8. 大学受験で問われるのは「学習方法の質」
9. 予備校を選ぶポイントは優秀な講師の存在
10. あなたの受験準備期間をいかに短縮したらよいか
11. M.A.X.の特色・学力アップの秘密
12. 合格への第一歩は英語力の大幅向上が鍵
13. M.A.X.が選ばれ続ける理由
14. M.A.X.に入学を決めた理由
15. こんな方々に個人指導をお勧めします
16. 講師の目から見た個人指導予備校M.A.X.の魅力
a. 予備校選定のチェックポイント
b. 見せかけの教育から本質を見極めた教育へ
c. 受講生の立場に立った月謝制・低額設定の採用
d. 個人指導予備校M.A.X.の特長とメリット・他予備校との比較対照
e. 文理系大学受験に際し「自分の最適学習」ができる
f. 人間性を重視した教育姿勢
17. 合格者の喜びの声
第1部/ 第2部/ 第3部/ 第4部/ 第5部
18. 2012〜2017年度の合格実績
19. 志望大学への合格作戦
20. 個人指導による質の高いトータルサポート
21. 大学入試制度の概要
22. 東京での学生会館・寮等をお探しの方へ
23. 入学要項と授業料
24. 本校の案内書請求の方法
25. 入学方法
26. M.A.X.のご案内地図

英語専門予備校M.A.X.のご案内
高卒認定試験(大検)コースのご案内

職員(非常勤講師)募集について
SINCE 1969  個人指導予備校 M.A.X.


見せかけの教育から本質を見極めた教育へ



大手予備校の講義を聞くだけで学力がつくと錯覚してしまうのは、今も昔も変わらぬ受験生が陥りがちな人間心理です。群集の中に身を投じると妙に安心と安定を感じることがあるものです。しかし、それはその場だけの感覚であるという事実に気がつかなければなりません。


勉強についてもこれと同じことがいえるのではないでしょうか。多くの仲間たちに紛れていると自分もなんとなく勉強が身についているのではないかと錯覚してしまいがちです。大手予備校に通う生徒の中にはそのような人が多く見られます。しかし、そのような借り物の満足では厳しい入試に立ち向かえるものではありません。


生徒は学力も理解力もやる気もすべて違います。この点に配慮しない多人数教育の場では思うように学力が伸びないのは至極当然です。大切なことは自分のレベルに合った最適な受験指導を受けることではないでしょうか。


大手予備校では志望校別にクラス編成を行っています。しかし、志望校別にクラスを細分化したところで、クラス定員は20〜30人であり、講師の一方通行の講義であることには何ら変りません。受験勉強で最も大切な要素である「疑問点の早期解決」そして「基礎事項の反復や体系的な学習指導」は行われていません。


クールな目で見た時、大手予備校の教育姿勢、すなわち「生徒個人の実力がどれだけついたかは程度の差こそあれ、どうでもいい」という本質を見抜くべきではないでしょうか。一般に大手予備校の年間脱落者は毎年50〜60%に上るという事実も見逃すことはできません。志望校合格のためには、現段階のあなたの理解力をベースに先生1対生徒1の対話型授業が行われていること、あなたが主役になれるような、信頼のおける教育を行う予備校を選ぶことが必要です。


基礎からの合格バックアップシステムを誇る個人指導予備校M.A.X.なら、自分を個性的に自由にアピールできます。また大学受験に必要な、自分のための本当の最適学習ができます。是非、私達M.A.X.の扉を叩いて戴きたいと望んでいます。



入学方法はこちらをクリックしてください。


「予備校選定のチェックポイント」に戻る 「受講生の立場に立った月謝制・低額設定の採用」へ進む

下の三角印をクリックし、目次のプルダウンの中からご覧になりたい
ページを選んで「GO!」をクリックしてください。
 

大学受験・高校補習 個人指導予備校 M.A.X. トップページ