目次
Opening Movies FLASH 1 FLASH 2
1. 個人指導予備校 M.A.X. ご挨拶 2017年度 ご案内
2. M.A.X. のコースご案内
高校生・高卒生の方々
社会人・大学生の方々
3. 予備校の決定に際する選択の視点
4. M.A.X.の指導システム
5. 指導科目と授業形態
6. M.A.X.の教育コンセプト
7. 入試の本質をベースに考えた教育システム
8. 大学受験で問われるのは「学習方法の質」
9. 予備校を選ぶポイントは優秀な講師の存在
10. あなたの受験準備期間をいかに短縮したらよいか
11. M.A.X.の特色・学力アップの秘密
12. 合格への第一歩は英語力の大幅向上が鍵
13. M.A.X.が選ばれ続ける理由
14. M.A.X.に入学を決めた理由
15. こんな方々に個人指導をお勧めします
16. 講師の目から見た個人指導予備校M.A.X.の魅力
a. 予備校選定のチェックポイント
b. 見せかけの教育から本質を見極めた教育へ
c. 受講生の立場に立った月謝制・低額設定の採用
d. 個人指導予備校M.A.X.の特長とメリット・他予備校との比較対照
e. 文理系大学受験に際し「自分の最適学習」ができる
f. 人間性を重視した教育姿勢
17. 合格者の喜びの声
第1部/ 第2部/ 第3部/ 第4部/ 第5部
18. 2012〜2017年度の合格実績
19. 志望大学への合格作戦
20. 個人指導による質の高いトータルサポート
21. 大学入試制度の概要
22. 東京での学生会館・寮等をお探しの方へ
23. 入学要項と授業料
24. 本校の案内書請求の方法
25. 入学方法
26. M.A.X.のご案内地図

英語専門予備校M.A.X.のご案内
高卒認定試験(大検)コースのご案内

職員(非常勤講師)募集について
SINCE 1969  個人指導予備校 M.A.X.
人間性を重視した指導姿勢




個人指導予備校M.A.X.の授業には「生徒が答えを間違えても恥ずかしい思いをしない」教育環境があります。だからこそM.A.X.の授業には生徒が学力を伸ばす下地があると言えます。


なぜなら私達が日頃、教育現場で実感することは「間違える回数が多い生徒ほど学力が伸びる」ということです。間違いを克服する喜びを知り、それを自信に変えることが本来の教育であると実感しているからです。


このような理由から私達は生徒が躊躇なく間違えることが出来る環境作りを心掛けています。生徒が安心して間違えることで自らの弱点を把握し、克服していくことで学習に自信を深めていく受験指導こそが、予備校に与えられた「教育のあり方」であると認識しているからです。


一般に他の予備校ではこのような場面を見ることはまずありません。これは程度の差こそあれ、生徒を「お客様」と見なしているからです。20〜30人のクラス授業の中で問題を当てられ、間違って答えるということは生徒にとって恥ずかしい体験と言えます。大手予備校のように生徒を「お客様」としての視点でとらえた場合、このようなことは許容されるものではありません。


「先生に指名されることがない」ということは、その科目が苦手な生徒にとっては安心なことかもしれません。しかし、そのような安心感を教育の場に醸成することは適切ではありません。このような一方的に情報を受けとるだけの授業は「身につかない教育」の典型になっていることを忘れてはいけません。



この点、本校の授業は、マンツーマンの利点を最大限に生かしています。例えば単語・熟語等の暗記チェックでは「講師の質問に生徒が答える」という形で理解の確認をしています。生徒と講師の間に十分なコミュニケーションを保つことができる授業ならば、生徒に「恥をかいた」という思いをさせることがないばかりか、担当講師も生徒の現時点での理解度を把握することができます。


また、数学の授業でいえば、課題や家庭学習の中での疑問点に対し解答に至るプロセスを講師に示すことで徹底した弱点補強が受けられます。このような視点で見た場合、個人指導予備校M.A.X.の授業形態は、大学受験の準備教育に於いて理想の姿であると言えるのではないでしょうか。








個人指導予備校M.A.X.は月謝制です。いつからでも入学できます。
入学案内書の請求はここをクリックして下さい








 「自分の最適学習ができる」に戻る 「合格者の喜びの声・第一部」に進む

下の三角印をクリックし、目次のプルダウンの中からご覧になりたい
ページを選んで「GO!」をクリックしてください。
 

大学受験・高校補習 個人指導予備校 M.A.X. トップページ