SINCE 1969  大学受験 英語専門予備校 M.A.X.


目次

1. 英語専門予備校M.A.X. ご挨拶

2. 本校で学ばれる方へ

3. M.A.X.の指導基調

4. M.A.X.の指導の5大特色

5. 英語指導コースのご案内

6 私立難関校[早慶上智・ICU]・中堅校[明治・青山・立教・中央・法政]を受験される方へ

7. 指導科目と授業形態

8. 英語以外の科目受講を希望される方へ

文系・理系全科目対応・個人指導予備校M.A.X.のご案内

9. 学力を効果的に伸ばす秘密とは

10. 受験英語を最短・最速でマスターしたい方へ

11. 大学選択の新しい基準

12. 2009〜2015年度 合格実績

13. 英語教育の哲学
(参考) チューター制度とは


14. 入学要項と授業料

15. 入学案内書の請求方法

16. 入学方法.

17. 大学受験 英語専門予備校M.A.X.の地図


 M.A.X.のコース案内

イギリスの伝統が生んだチュートリアルのシステムと制度を完全導入





M.A.X.の出発点は教師と学生との本物の心のつながり、つまり古き良き時代の師弟関係を具現化したPerson to Personの英語教育です。

綿密に練り上げられた.英語教育メソッドで基礎から難関大突破まで1人ひとりの受験生のニーズに応えます。



受験生の皆さんへ


長年に亘り多種多様の個性と能力を持つ高校生・高卒生を指導してきた本校は教育効果を重視したクラス運営の理想的な人数は集団力学の面からも10人までであるという結論に至っています。







高校部

少人数制クラス(定員10名)編成です。
私大受験を目標に入試の基礎から実戦的レベルの英語までを全て解明します。

高校英語をT・U・Vのグレードに分け、TとUで基本を、Vで応用受験問題を把握し、多様な要素を含む問題に対して完璧を図ります。

大学受験本科

1年 基礎学習科
2年 受験基礎科
3年 受験応用科


高卒部


Aコース[クラス授業のみ]

学力別対応型の少人数制クラス(定員10名)編成で、入試の基礎から応用・実戦対策までの密度の高い総合講座です。
大学受験本科
選択受講制
Aコース

Bコース

Bコース[クラス授業と完全個人指導の併用]

学力別対応の少人数制クラス(定員10名)と教師と受講生の1対1の個人指導の併用で密度の濃い総合講座です。


個人指導部

本部門は近年、個人指導の希望者が急増の傾向にあり、その需要に対処することと、学習体勢の一層の強化・充実をはかるため、併設の大学受験・高校補習  個人指導予備校M.A.X.にその業務を移行しています。個人指導部門が充実しているのもM.A.X.の特色の一つです。
大学受験専科
M.A.X.のもう一つの顔と言われる、個人指導予備校M.A.X.では、英語教育だけでなく、文・理系全学部の受験に対応できる豊富な科目編成を設置しています。

受講対象
高1・2・3・高卒生


本校の在籍生は併設の個人指導予備校M.A.X.で英語を含む他科目の受講を自由にできます。(入学金は免除)



特設:推薦入試の英語対策講座



推薦入試は受験科目数が少なく、また出題内容も一般入試に比べ比較的易しいこともあって、高3生が殺到しているのが現状です。そのため各大学の競争率も年々激化の傾向にあります。推薦入試をクリアするためには過去の出題傾向に即した指導が必要です。


推薦入試を制覇するコツは、ズバリ英語の成績次第です。どの受験生も文系の国語や理系の数学は合格ラインに近い平均した成績を取る傾向にありますから得点差はあまりつきません。文系・理系を問わず英語の不得意な受験生は大学受験そのものが不利といえます。したがって英語の実力強化をはかることが推薦入試の合否を決定する最良の方法と言えます。


本講座では志望校にあわせ英語を得点源にするべく的を絞って指導します。







前のページに戻る 次のページに進む


下の三角印をクリックし、目次のプルダウンの中からご覧になりたい
ページを選んで「GO!」をクリックしてください。
 

大学受験・高校補習 個人指導予備校 M.A.X. トップページ